Category: Nihongo

2月 会長からのメッセージ

いつものようにGVJCCAの郵便受けをワクワクしながら開けています。新聞・雑誌・チラシ・広告・請求書(ホッ、今月は少ない)…そして会員であるあなた方からの小切手がありました。会員申込みや寄付を受け取る度、ちょっとはしゃいでしまいます。お名前を見ては、私たちのコミュニティーとの繋がりに思いを巡らせます。今年度も会員をはじめ、日系カナダ人及び日本人のコミュニティーの方々に、『Bulletin/げっぽう』の制作を含めた私たちの活動へのご支援に厚く御礼申し上げます。

Croquant aux amandes et chocolat

バレンタインデーに因んだイベントが開催されていますね。

ここは、日本の盛り上がり程はないにしても、あちらこちらのカフェでホットチョコレートのフェスティバルが行われていたりしますね。好みのホットチョコレートのお店はどこのですか?

Tokyo Trend #21

Jodi Sam (ジョディ・サム) イラストレーター ・作家 2010年より活動拠点をバンクーバーから東京へ移し、
2013年に電子書籍『My Little Book of Happiness』をリリース。more info about Jodi Sam: www.jodisam.com

Tokyo Trend #20

Jodi Sam (ジョディ・サム) イラストレーター ・作家 2010年より活動拠点をバンクーバーから東京へ移し、
2013年に電子書籍『My Little Book of Happiness』をリリース。more info about Jodi Sam: www.jodisam.com

1月 会長からのメッセージ

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。日系カナダ人4世の私は、日本語を話しませんが、祖母が私の家族と同居を始めてから色々なことを学び、祖母の素晴らしい腕前の料理やお正月のお祝いなどの伝統に慣れ親しみました。

世代を超える<おかげさま>とフェアプレイの精神 朝日軍最後の一人が語る

初対面のケイ上西氏、会って数分でその迫力に圧倒されしまった。長年の記者生活で大分スレてしまった当方だが、齢93歳の同氏はまるで悟りをひらいた禅僧のごとく、自己に対しても周囲に対してもいつも自然体、平常心で接している様だ。唯一の情熱の対象をひたすら追い続けて人生を生き抜いてきた人物の重みとでも言うか。

世界を駆け巡る太鼓集団・倭 バンクーバー初公演! 代表小川正晃氏インタビュー

バンクーバーは、カナダで太鼓が発祥した地であり、現在個性豊かな多くの太鼓グループが存在している。筆者はカナダ発の太鼓グループ、語り太鼓の設立メンバーであり、語り太鼓は北米の太鼓アンサンブル、サンホゼ太鼓やサンフランシスコ太鼓道場をモデルとして始まった。

「招かれざる客たち」の戦後(1)

1945年8月の敗戦とともに、生き残った300万以上の日本兵、満蒙開拓民、海外居住者など総勢600万以上がぞくぞくと日本へ引き揚げてきた。日系カナダ人約4千人もその一部を構成していた。彼らは概ね一世親と二世だったが、二世にとってそれは「帰国」ではなく「国外追放」だった。