Category: Nihongo

Tarte Chocolat Framboise

2月といえばバレンタインデーですね。日本と違い女性から男性にチョコレートを贈る習慣はございませんが、バレンタインデーにはチョコレートがお似合いな気がします。

1月:会長からのメッセージ

来る2015年2月22日に、GVJCCA主催の第一回JCCA日系カナダ人Bowl-a-thon Fundraiserが開催されます。この催しはグレーターバンクーバーJCCA、日系プレース基金、隣組、パウエル祭協会、バンクーバー日本語学校並びに日系人会館、及びバンクーバー仏教会など、グレーターバンクーバー地域の日系カナダ人非営利団体及び慈善団体の協力のもとに可能になりました。

トロント近郊の公園と学校に日系人の名

10月28 日から3日間、鳥取県境港市役所内で「北極のクリスマス」と題された小さな展示会が催された。 トロント在住でイヌイットの壁かけ収集家として知られる岩﨑晶子さん所蔵の20点と、 2005年に93歳で死去した鳥取県出身の アーティスト・濵田花子さんの押し花カード数十点が展示された。

今月のお薦め作品

第2次大戦中、ナチ軍に対し連合軍が苦戦する中、ドイツ軍のエニグマコードを解読する為、イギリスの天才数学者Alan Turing率いるスペシャリスト達はBletchley Parkの政府機密機構に雇われる。

働きing:三浦玲

今回はダウンタウンの美容室Salon Espritのオーナー&ディレクタースタイリストの三浦玲(りょう)さんにお話をお伺いしました。

12月:会長からのメッセージ

2014年も終わりに近づき、この機会にGVJCCAのメンバーの皆様やスポンサーの方々に今年一年、会を支えてくださったことにお礼を申し上げたいと思います。皆様の『Bulletin/げっぽう』に対するご支援のおかげで、日系カナダ人社会はつながることができるのです。

「ホラー」噺を語ることの意味をさぐってみよう

1994年からトロントで「語りの会」を主宰している。「押しつけられて仕方なく一回だけ」のはずが、自分も語り手となった時、ハマってしまった。英語の語りのみならず、詩の朗読、歌やダンス等、なんでも「可」という良い加減な姿勢が長続きの秘訣かもしれない。

Tokyo Trend #7

Jodi Sam (ジョディ・サム) イラストレーター ・作家 2010年より活動拠点をバンクーバーから東京へ移し、
2013年に電子書籍『My Little Book of Happiness』をリリース。more info about Jodi Sam: www.jodisam.com

Gateau Marbre

街を歩くとクリスマスツリー、イルミネーション、美しく可愛くラッピングされたプレゼントなどでキラキラ輝いています。にっこり、のんびり過ごしたい思いですが、「師走」という言葉を耳にするだけで、気ぜわしく感じてしまうのは私だけでしょうか?