Category: JCCA Nihongo

何でも好奇心 「化石燃料」

紅葉の収穫祭・豊年祭の後は『戦没者追悼日』で市内外26箇所でリメンバランスデイ式典が行われた。第2次世界大戦と朝鮮戦争の戦没者を追悼する日で第1次世界大戦の終戦調印式が行われた午前11時に『黙祷』が捧げられた。

何でも好奇心「気候変動」

2000年以降、猛烈なハリケーン、豪雨による大洪水、土砂崩れによる避難、多発する台風と大雨、台風と熱帯低気圧による死者・行方不明者、サイクロン上陸、モンスーンと集中豪雨、洪水によるフェリーの転覆、強風による大木横倒しと家屋倒壊の被害が地球規模で広がっている。

何でも好奇心「地産地消」

ドッグ山、オールド・シーシェル・マイン、エラホウ山、ボールダー・クリィク、シスコーロード、ハリソン・ホットスプリングなど893件の山火事が発生し、BC州は消火作業費に$80ミリオンを注ぎ込んだ。1,400消防団員と地元ボランティア人達による活動作業は今も続いている。

何でも好奇心「異常気象」

V市の高層建築街に黒いカラスが飛んで、歩いている人の頭を後ろから攻撃する苦情が出ている。まるでヒッチコックの白黒映画を見ている風景が脳裏に浮かんでくる。

何でも好奇心「流浪の民」

1890年初期、バラード入江のコルドバ街は高級住宅地であった。V市日集団はパウエル街中心に発達し栄えた。出稼ぎ労働者が働いていた『お助け会社』がH製材所の近くにあった。

何でも好奇心

V市の東方ヘイスティング通りとレンフリュー通りの角に38,000人を収容できる大運動場がある。夏期には毎年、開催する大共進会場とがある。パシフィック・エキジビション・パークと称し多数の陳列館、競馬場、野外球場、遊園地、その他の娯楽施設がある。

働きing:Naomi & Junko

今月号はパウエル祭でブースを出していた「branches & knots」のなおみさんとじゅんこさんにお話を聞きにキツラノのお店にお邪魔しました。