Category: Editorial

by John Endo Greenaway

編集後記 2020年6月

KAO (a.k.a. Sleepless Kao) 「猫が消えた」  そんなタイトルの*映画もありましたね。(正しいタイトルは*「世界から猫が消えたなら」)

編集後記 2020年5月

KAO (a.k.a. Sleepless Kao)  編集後記で何を書こうか、、とKazuhoに問いかけると「この状況下、コロナの話しかないですよね〜」とLine電話の向こうから返事が返ってくる。

編集後記 2020年1月

Kazuho Yamamoto 『The Bulletin・げっぽう』読者のみなさま、新年明けましておめでとうございます。2020年・令和2年、みなさまにとって充実した一年になりますよう編集部一同お祈り申し上げます。

編集後記 2019年11月

KAO (a.k.a. Sleepless Kao) VIFF国際映画祭は映画三昧 『人間失格』など蜷川ワールド炸裂で面白い作品や樹木希林さんの遺作など今年も心に残る作品がいくつかありました。『江戸あばんぎゃるど』 “Edo Avant Garde”、本当に良かったです。失礼ながらドキュメントだし観なくてもいいかなと最初は思っていたのですが、なぜか私個人のアートサイトからコンタクトをしてきて、丁寧なメールをいただきました。

編集後記 2019年10月

KAO (a.k.a. Sleepless Kao)  エアフェアがドロップしたこの時期に旅行にでも行こうかなと計画していたところ、ひょんな事から猫シッターを頼まれました。

編集後記 2019年9月

KAO (a.k.a. Sleepless Kao)  アート学校での「サマーキャンプ」という名の夏季特別授業の仕事が終わり、Squamishのキャンプに行く。ここはプライベートキャンプ場でビックリなのはSquamishのダウンタウンから車ですぐ、キャンプ場には売店もアイスクリーム屋もあって、シャワーも水洗トイレもあって至れり尽くせり。