Category: Nihongo

VIFF映画祭 2018レビュー

­Bathtubs Over Broadway (2018年)  米国の国内産業に活気があった1950年代から1980年代、各企業の製品をテーマにしたミュージカル(産業ミュージカル)が大量に制作され、自社の社員の娯楽や慰安のために盛大なショーが行われました。景気が良かったので給与もよく、ブロードウェイで活躍した歌手、俳優の中にもそこを修行の場にした人もいたそうです。しかし、産業衰退とともに産業ミュージカルも衰退。

Meets: Yujiro Nakajima

 パウエル祭や桜祭りで演奏を聴いた方もいると思います。ギター奏者のYujiroさんにインタビューしてきました。取材は私の作業場まで来ていただいたのですが、部屋の片隅に20年ほど放置していて弦もボロボロだったギターを見かねたのか、な、なんと修理をし始め、しかもこれまたほったらかしに置いていたウクレレの調律までしてくれました(照笑)

編集後記 2018年10月

Kazuho Yamamoto  今月27 日からバンクーバー国際映画祭(VIFF)が始まります。上映プログラムを見ながらカレンダーとにらめっこしてどの映画に行こうかスケジュールを組んでいます。

Ezaki Toshiko

Meets: 江崎とし子

「働きing」というタイトルでやらせていただいていたこのコーナー、早くも 回を迎えたので改名いたします。「Vol.50まで待てば?」とも言われましたが、中途半端なナンバー(今月号で45回)も私らしいと思うので(笑)今号から「Meets」というタイトルでこれまで以上にユニークな方達にお会いして話を聞いていこうと思います。

Farewell Interview with Consul General Asako Okai

One of the greatest assets I gained here in Vancouver is to get to know how to work with people on the ground. I was serving in headquarters and capitals. In this environment, you know the people you engage with. You expect a certain knowledge level from your counterparts, whether they’re in government or are diplomats. So it was the first time to work with ‘Real People’, citizens who live and DO NOT think like diplomats.

Still_Shoplifters

VIFF特別上映:万引き家族

VIFFで大人気の是枝監督、2018年カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞作「万引き家族」は愛と犯罪、涙、刺激の詰まったほろ苦い物語。 少女のゆり(佐々木みゆ)は、虐待を受けている実の家族が良いのか、犯罪者の家族が良いのか?治(リリー・フランキー)と妻の信代(安藤サクラ)が率いる家族の方が、良い選択のように思えるが、それでは物語は終わらない…

viff2018 gateway

2018年バンクーバー国際映画祭ーGateway

今年もバンクーバー国際映画祭の季節がやって参りました。アジア各国からの映画が特集される Gateway streamでは今年も日本からの映画が盛りだくさんです。この機会をお見逃しなく!

編集後記 2018年9月

Kazuho Yamamoto  シアトルに拠点を置くValveコーポレーションのビデオゲーム「DOTA2」の大会、第8回The Internationalがロジャース・アリーナで5日間開催されました。

編集後記 2018年8月

Kazuho Yamamoto  皆さま、バンクーバーの夏、いかがお過ごしですか?日本に比べたらカラッとしていて何倍も過ごしやすい気候、できる限り外出してビタミンCを摂取したい時期ですね。もちろん、紫外線対策を忘れずに。

OUT & ABOUT Celiaさん&&増住 晃司くん

働きing:Cecilia & 増住晃司

 ガスタウンにジャパンテイストなお店、メイドインジャパン、洋服、アクセサリーとアートなどを取り揃え、石鹸を作る人でインタビューした水谷麻美さんやローカルアーティスト作品を扱うOut & Aboutにおじゃましました。

編集後記 2018年7月

Kazuho Yamamoto  カオさんも、わたしも編集後記を飛行機の中で書いています。と言っても一緒の旅行ではなく、別々の旅からの帰り道です。

版画家 峰岸伸輔さん

働きing:峰岸伸輔

 バンクーバー在住の版画家、峰岸伸輔さんが日本で個展をやるというので、六本木にあるストライプハウスギャラリーに行ってきました。